2016年6月28日火曜日

100年以上愛される「亀の子束子」で梅雨時もすっきり



明治40年から束子の販売をスタートさせた「亀の子束子」。
レトロなパッケージの看板商品「亀の子束子」に加えて、
新たな束子が仲間入り。
一気に束子の種類がどーんと増えました!




まずは、なんといっても定番の「亀の子束子」の
サイズが増えました。




左から、
■「亀の子束子 パームチビッコP(亀の子束子)」 320円(税抜)
■「亀の子束子 1号(亀の子束子)」 340円(税抜)
■「亀の子束子 4号(亀の子束子)」 560円(税抜)

「1号」は手で握りやすい一般的なサイズ。
そして、「4号」は広い面を洗うのに効率的なビッグサイズです。
お風呂場のタイル洗いなどによさそうです。




「亀の子束子」は、適度な硬さのパームヤシ製。
繊維の先で、掻き出したりこすり取る洗い方に向いています。
ザルなどの目の汚れを掻き出すなどに最適。
ただ、傷つきやすい素材のものには向いていないのでご注意を。


同じくパームヤシを使っているのが「よりどころ ブラウン」。




■「よりどころ ブラウン(亀の子束子)」 400円(税抜)

たわしの芯になる針金が外にでないよう、
ねじりこんでつくられています。
針金が出ていないので、針金で傷つける心配なく
食器や調理器具を洗うことができます。
丸みがあって細長いので手に握りやすい形状は、
湯呑みや急須の中など深さのあるものを洗うのにおすすめ。


パームヤシよりも柔らかいサイザル麻を使ったものが、
ドーナツのようなリング状の「白いたわし サイザル麻」。




左から、
■「白いたわし サイザル麻 大(亀の子束子)」 900円(税抜)
■「白いたわし サイザル麻 小(亀の子束子)」 600円(税抜)




柔らかい繊維のサイザル麻は、体にも使われるほどやさしい触感。
スポンジと同じように、使えるたわしです。
鉄製の調理器具だけでなく、テフロン加工のフライパンにも
お使いいただけます。
主婦の視点から暮らしや家事を提案する黒田智子さんとの
コラボレーション商品です。


パームとホワイトパーム、2種類の素材を組み合わせたのが
「ハーフ・ハード」。




ホワイトパームとは、通常の茶色いパーム繊維を
過酸化水素水で脱色したもので、
通常のパームよりも少し硬め。
通常のパームと2色切り替えになっていて、
目でも楽しいデザインです。

■「ハーフ・ハード(亀の子束子)」 540円(税抜)



ざるやせいろなど目のあるものや、木のまな板、
すり鉢のような溝のあるもの、金属製のもの、
タイルのような目地のあるもの……などなど、
たわしを使えばすっきり清潔。

じめじめする梅雨時は、汚れが残っているとカビなどが
発生しやすくなってしまいます。
適材適所でたわしを選んで、ご活用ください!





cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年6月27日月曜日

倉敷意匠の琺瑯製の器とお弁当箱



実店舗で開催中の「ほうろう展」に合わせて
倉敷意匠の琺瑯アイテムも入荷しました!

保存容器や調理器具としてのイメージが強い琺瑯ですが、
こちらは器。ボウル2種です。




磁器ともガラスとも違う独特の質感と薄さが
シンプルなかたちを合わさって、モダンな印象です。

琺瑯容器は、通常型に押し当るプレスという方法で成形されますが、
このボウルは、「ヘラ絞り」と呼ばれる、人の腕の力で成形されています。

かたちは、2種類。




■「ほうろう ボウル(お茶碗型)(倉敷意匠)」 3,700円(税抜)
サイズ:φ176×H83mm

すっと開いたように口が広がった「お茶碗型」は、小丼サイズ。
麺類などにもちょうどいい大きさです。
煮物などもかたちよく盛りつけられそうです。




■「ほうろう ボウル(鉄鉢型)(倉敷意匠)」 5,000円(税抜)
サイズ:φ170×H100mm

口の部分がきゅっと締まったかたちは、
お坊さんが使う鉄鉢(てっぱつ)をイメージしています。
奈良時代から変わらないかたちには、
時を経ても色あせない安定感のある美しさがあります。



そして、かわいらしいイラストのお弁当箱。
なんと、こちらのイラストは、
cotogotoの4周年オリジナルバッグのイラストを描いていただいた
MITSOU(ミツ)さんによるもの!
鉛筆のラフなタッチが、ほのぼのとあたたかいイラストは、
お弁当の時間をもっともっと楽しみにしてくれます。




左下から時計回りに、
■「ミツさんのお弁当箱(てんてん)(倉敷意匠)」 3,600円(税抜)
■「ミツさんのお弁当箱(まるまる)(倉敷意匠)」 3,600円(税抜)
■「ミツさんのお弁当箱(あずき色のまる)(倉敷意匠)」 3,600円(税抜)
■「ほうろう お弁当箱(倉敷意匠)」 3,300円(税抜)

※「ほうろう お弁当箱」は、イラストなしの真っ白でシンプルなタイプです。




イラスト入りのお弁当箱は、サイドまでイラストが続いています。

琺瑯製のお弁当箱は、におい移りしにくく汚れも落ちやすいので衛生的。




ゴムパッキンなどは付いていないので、汁物は入れられません。

お弁当箱以外にも、小物入れや裁縫セットにもおすすめです。





cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年6月25日土曜日

夏の料理を美味しく見せる、やちむんの6寸皿



夏にぴったりな、沖縄のやちむん(焼き物)が入荷しました。


■「6寸皿 (與那城徹)」
左から飴唐草・緑ゴス点打 各2,100円(税抜)
サイズ 約φ185×H40mm

つくり手の與那城徹(よなしろとおる)さんは、
沖縄県北部の大宜味村(おおぎみそん)で作陶しています。
土や釉薬をつくるところから、すべて自分の手で行い、
工程や原料について常に研究を行っている與那城さん。
そのストイックな姿勢から生まれる器は、
沖縄伝統のモチーフや、定番の飴色などの釉薬を使いながらも
モダンな新しい風を感じるものばかりです。



「飴唐草」は、やちむんの伝統的なモチーフである
唐草模様が、飴色の釉薬で大胆に描かれています。



「緑ゴス点打」も、やちむんでよく見られる「点打」という
技法を用いてつくられています。
力強く描かれた点は存在感があり、ちょっとポップな印象も。



かたちは、しっかり深さがあり、
メインのおかずを盛りつけるのに、ちょうどいいサイズ。
裏側はこげ茶色に仕上げられています。


どちらの器も、ゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理やタイ料理など
夏に食べたくなる料理はもちろん、肉じゃがや麻婆豆腐など
どんな家庭料理にも似合うので、一年中活躍してくれそうです。






cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



八尾和紙を使った文房具(桂樹舎)



富山の伝統工芸「八尾和紙」を使った名刺入れや印鑑入れなどの文房具が
「桂樹舎(けいじゅしゃ)」より入荷しました。



富山県富山市八尾(やつお)は、
昔から「八尾和紙」と呼ばれる、良質の和紙を漉きだしている地域です。
八尾和紙は、元々字を書くための紙ではなく、
加工する紙として製造され、富山の薬売りが使用する鞄などに用いられてきたそう。
そのため紙ではありますが、非常に丈夫で、加工に適しているのです。

そんな八尾和紙は、一時は300軒を越える
和紙農家の手でつくられていましたが、
現在では桂樹舎1軒のみ。
桂樹舎は型染めの技法を用いて、印刷では出せない
温かみのある風合いをもったアイテムをつくり続けています。
また、その独特のデザインは、
染色工芸家の芹沢銈介氏との協働や、
アフリカやアイヌの民芸の研究を通じて生まれたもの。
紙漉き、染色、型染め、加工を一貫して
職人の手仕事による分業で行い続けています。



■「ペンケース (桂樹舎)」 2,200円(税抜)
サイズ:約W195×D55×H20mm

ファスナー付きのペンケースは、
コンパクトですが、マチ付きで意外と大容量。
撥水加工がされているので安心です。



内側は黒い合皮で仕上げてあるので、
汚れが気になりません。



■「印鑑入れ (桂樹舎)」 1,500円(税抜)
サイズ:約W85×D45×H18mm

印鑑入れは、がま口タイプ。
しっかりと口を閉じることができます。
黄色い紐についた鈴がポイントです。



印鑑入れもペンケース同様、
内側は黒い合皮です。



■「名刺入れ (桂樹舎)」 1,800円(税抜)
サイズ:約W110×D70×H13mm

名刺入れは、外側も内側も和紙でできており、
和紙の細かな皺は名刺が滑り落ちるのを防いでくれる効果が。
革製のものなどに比べると、かなり軽量で、
使うほどに手に馴染み、変化を楽しめます。



ポケットが2つ付いているので、片方に自分の名刺、
もう片方にもらった名刺を分けて入れても。
片方はマチ付きで、たっぷり入ります。
個性のある絵柄なので、名刺交換の際に会話が弾みそうです。

もちろんカード入れにもおすすめです。



■「ブックカバー (桂樹舎)」 1,300円(税抜)
サイズ:約W160×H110mm

文庫サイズのブックカバーは、
和紙のやわらかな手触りで、読書の時間が楽しくなりそう。



和紙のしおりも付いてきます。



■「ひとこと箋セット (桂樹舎)」 500円(税抜)
ひとこと箋(W230×H106mm)10枚+ひとこと箋封筒(W140×H91mm)3枚

素朴な風合いが魅力のひとこと箋は、
ちょっとした手紙を書くのにぴったりなサイズです。


どのアイテムも色・柄ともにアソートでの入荷になりますので、
次の入荷ではまた違うデザインのものが入ってくる可能性も。
和紙との一期一会を楽しんでください。







cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年6月21日火曜日

使いやすい工夫満載、いい塩梅の木製落とし蓋



食材にしっかり味を含ませて
煮物を美味しくしてくれる落とし蓋。

水に強い「さわら」を使った、
「ambai」木製の落とし蓋が新入荷しました!



昔ながらのかたち、のようでいて、
デザイナー小泉誠さん設計。
使いやすさと美しさを兼ね備えた逸品です。



サイズは、3サイズ。
左から、
■「落とし蓋 20cm用(ambai)」 1,400円(税抜)
 φ170×H30mm
■「落とし蓋 18cm用(ambai)」 1,300円(税抜)
 φ150×H30mm
■「落とし蓋 16cm用(ambai)」 1,200円(税抜)
 φ130×H30mm



それぞれ該当する鍋より一回り小さいつくりです。
※写真は、18cmの行平鍋に「落とし蓋 18cm用」を使用。



ぽっこり開いた穴は、煮汁が取っ手まで回ってしまっても、
菜箸を引っ掛けてひょいと持ち上げやすいよう。
さらに、使い終わって洗った後にフックに引っ掛けておけば、
しっかり乾いて衛生的。



すっとした印象なのは、斜めにカットされているから。
こちらも鍋への出し入れがしやすいようにとの工夫のひとつです。

シンプルな道具だからこそ、かゆいところに手が届いたアイデアは、
ぐんと使い勝手に差が出ます。


ことこと、ことこと、
煮物が楽しくなる道具です。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年6月20日月曜日

富士山の天然水で抽出した水出しコーヒー



むしむしした今頃は、キリリと冷やしたアイスコーヒーが
とびきり美味しく感じる季節です。

静岡のコーヒーロースター「IFNi Roasting&Co.
(イフニ ロースティングアンドコー)」から、
なんと富士山の天然水を使った水出しコーヒーが入荷しました!



山麓に降った雨が長い年月をかけて土壌や岩盤でろ過され、
ミネラルをたっぷり含んだ富士山の天然水。
もうそれだけで美味しそうですが、
その水を使い、お湯ではなく水出しにすることで
すっきりとした味わいに仕上げています。



IFNiのコーヒーは、"苦くない"のが特徴。
「コーヒー=苦い」というイメージがくつがえされます。
苦くはないのに、深い味わい。

水出しにすることでさらに苦味のない、
すうっと身体に染み込むような軽やかなアイスコーヒーに
なっています。
だから、ブラックでごくごく飲めてしまいます。

もちろん、お好みで牛乳で割ってアイスカフェオレにも!



■「Mt.FUJI COLD BREW COFFEE (マウント フジ コールド ブリューコーヒー)
(IFNi)」 500ml/880円(税抜)

瓶のラベルもおしゃれなデザイン。
夏のちょっとしたギフトにもなりそうです。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2016年6月17日金曜日

「野田琺瑯と月兎印のほうろう展」開催のお知らせ






2016年6月24日(金)〜7月5日(火)までの12日間、
実店舗にて「野田琺瑯と月兎印のほうろう展」を開催致します。

野田琺瑯の代表作「ホワイトシリーズ」は、
保存容器として、バットの代わりとして使えて、
直火もオーブンも冷凍もできて、
それでいて食卓にそのまま出して器としても使える。
ひとつで何役もこなしてくれるので、
一度使ったら、その便利さにはまってしまう、魅力的なアイテムです。
「愛用してます!」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな琺瑯の人気ブランド「野田琺瑯」の
琺瑯アイテムに注目した企画展を開催いたします。

当店で普段取り扱いのある琺瑯商品はもちろん、
野田琺瑯で製造されている150種類以上のアイテムを、
期間限定でご用意します!




ホワイトシリーズや、バットボールから、
用途に合わせてご利用いただける保存容器やケトル、
レトロな雰囲気に惹かれる理化学用品まで、
さまざまなアイテムをご覧いただけます。

また野田琺瑯は、スリムポットでおなじみの
月兎印」の琺瑯アイテムを製造しているメーカーでもあります。



月とウサギのマークが可愛いですよね。
今回は月兎印についても、普段取り扱いのないアイテムを多数ご用意いたします。

店頭では琺瑯商品のほか、琺瑯の製造工程や、野田琺瑯の歴史もご紹介いたします。
実際に製造途中の商品や、当時作られていた商品もご覧いただけます。
どんな風に作られているか、知れば知るほどもっと琺瑯に愛着がわいてきますよ。

効率が悪くても、手間ひまをかけて、
熟練の職人によって丁寧に仕上げられた琺瑯製品。

是非この機会に琺瑯の世界をお楽しみくださいませ。



◎野田琺瑯と琺瑯について◎
1934年創業の野田琺瑯は、琺瑯一筋に琺瑯製品をつくり続け、
家庭用容器のほか、衛生用品や理化学用品などの
琺瑯製品の製造も手がけていいます。

琺瑯は酸や塩分に強いので、食材や薬品の保存に適しており、
さらに、そのまま火にかけることができるため、調理や調合にも都合のいい素材です。 そうした琺瑯の特性を生かしながら、
野田琺瑯ではさらに、家庭用製品の製造にあたって、
料理研究家や主婦の意見を反映させたものづくりを行っています。

強いけれどサビやすい鉄と、美しいけれど壊れやすいガラスの
いいとこどりをしたのが琺瑯。
琺瑯の製造は「素地」と呼ばれる、いわゆる鉄の本体部分の成型行程と、
それにガラス質の釉薬をかけて焼き上げる焼成行程の2つに分かれ行われます。
ステンレスやアルミの製造に比べて行程が多く、時間も手間もかかるため、
最盛期には70社以上あった琺瑯メーカーが、今ではめっきり減ってしまいました。
野田琺瑯は、琺瑯づくりの全工程を自社で行うことができる国内唯一のメーカーです。


▼野田琺瑯の工場で、琺瑯ができるまでを見せてもらいました!
&野田家の台所で、琺瑯の魅力を伺いました!
詳しくはこちらをご覧ください。



◎お取扱予定の商品◎
【野田琺瑯】
ホワイトシリーズ全種(蓋など一部除く)、アムケトル、ポトル、バターケース、ぬか漬け美人、ロカポ、TUTU、ボール、バット、ホーロータンク、ポーチカ、ジャムロート、バターウォーマー、スプーン、スキーマー、ラウンドプレート、洗い桶、たらい、洗面器、ピッチャー、コランダー、消毒器、ビーカー など

【月兎印】
スリムポット、キャニスター、ソースパン、ミルクパン、ボール、バット、マグカップ など

【倉敷意匠】
琺瑯れんげ、ミツさんのお弁当箱、白い水切りかご など






cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



タニタのアナログ&デジタルキッチンスケール



以前よりお問い合わせが多かったキッチンスケール。
ようやくお取扱をはじめることができました!



メーカーは定番の「タニタ」。
アナログとデジタル両方取り揃えました。


■「アナログクッキングスケール タニペティ (タニタ)」 2,700円(税抜)
サイズ:W200×D110×H36mm
最大計量:1kg/最小表示:5g

アナログのキッチンスケールというと、
大きな場所をとるもののイメージが強いですが、
こちらは引き出しにもしまえるコンパクトなもの。
グッドデザイン賞・ロングライフデザイン賞を受賞した
ロングセラー商品です。



後に調節ツマミがついているので、
指針が0からずれても、すぐに戻せます。
アナログなので電池切れの心配もありません。



裏には壁にかけられるよう穴があいているので
吊り下げて収納も可能です。



■「デジタルクッキングスケール (タニタ)」 3,159円(税抜)
サイズ:W205×D153×H36mm
最大計量:3kg/最小表示:1g

とは言え、やっぱりスケールはデジタルじゃなきゃ!という方にはこちら。
3kgまで1g単位で量れます。
使用地域によって重力の影響があるため、
最初に地域を設定できるという高性能っぷり。
とにかく正確に量りたい時に便利です。



右のボタンを押すと0gになるので、
容器などを除いた重さが量れて便利です。
どんどん材料を入れていく際の追加計量も楽ちん。



計量皿が本体を覆っているので、
粉などが隙間に入りにくく、お掃除も簡単です。


正しい計量は料理の基本と言います。
使い勝手の良いキッチンスケールを手に入れれば、
料理の腕がワンランク上がるかもしれません。






cotogoto (コトゴト)店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休