2017年12月12日火曜日

木版手染による干支のぬいぐるみ「戌」



飛騨高山に工房を構え、
木版画による民芸や工芸品を製作する「真工藝」から
2018年の干支「戌」のぬいぐるみが届きました。


■「木版手染ぬいぐるみ 戌(真工藝)」 930円(税抜)
サイズ:約W110×D45×H57mm

濃淡やカスレのある独特な色合いが味わいのあるぬいぐるみ。
生木綿を飛騨の木版で染付け、
高温で蒸すことで色止めをするという
真工藝が独自に開発した技法で染め付けられています。

もみ殻を詰め、丁寧に縫い合わせて犬のかたちに。
それらの工程すべてが手仕事です。

そのため、一匹一匹のかたちや表情が少しずつ違います。


十二支以外にも、野鳥や魚をモチーフにしたものなど
いろいろな種類のある「木版手染ぬいぐるみ」。
その中で「十二支シリーズ」には、
各干支に因んだ柄が染付けられているところが特徴です。


「戌」は、薄紅色の小さな花が集まって穂のように咲く
「犬蓼(いぬたで)」と赤い花模様のチャンチャンコを着ています。


裏側は、紺色の布が当てられ、
「真工藝」のロゴのシールが貼られています。

可愛らしい佇まいの「戌」からはじまり、
毎年こつこつと十二支を揃えるのも楽しいですよね。
干支にこだわらず、犬好きの方への贈り物にも
喜ばれること間違いなしです。


こちらの商品は、実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。

cotogoto (コトゴト)新店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2017年12月8日金曜日

薄くてあたたか、オールドマンズテーラーのブランケット



山梨県富士吉田市にアトリエを構え
糸づくりから、製品に仕立てるところまで
一貫したものづくりにこだわる
「オールドマンズテーラー(R&D.M.Co)」。

寒い季節にうれしい、
軽くてあたたかいウール100%のブランケットが入荷しました。


色、柄違いで全6種類。


■「タータンチェックブランケット Royal
(オールドマンズテーラー)」 
17,000円(税抜)


■「タータンチェックブランケット Green Stewart
(オールドマンズテーラー)」
17,000円(税抜)


■「ブランケット Sax
(オールドマンズテーラー)」
17,000円(税抜)


■「ブランケット Mustard
(オールドマンズテーラー)」
  17,000円(税抜)


■「ブランケット Green
(オールドマンズテーラー)」 
17,000円(税抜)


■「ブランケット Maroon
(オールドマンズテーラー)」
  17,000円(税抜)



大きさは、W1000×1300mmと大きめですが、
薄手でふんわりと織り上げられているので、
とても軽いのです。
※写真は、「タータンチェックブランケット Royal」。


やわらかく、肌触りも抜群です。
※写真は、「ブランケット Maroon」。


首にさっと巻いても、適度にボリュームが出てあたたかです。
※写真は、「ブランケット Sax」。


羽織ものとしても重宝します。
※写真は、「タータンチェックブランケット Green Stewart」。


ロゴのタグが縫い付けられています。


お手入れは、ドライクリーニングで。
アイロンも、110度まででスチームなしであれば掛けられます。


薄手でいろいろな用途に使えるブランケットは、
思っている以上に活躍してくれる万能アイテムです。
オールドマンズテーラーのものはさらに、
絶妙な色や柄でぐっとおしゃれな雰囲気。
大切な人への贈りものにすれば、
きっと長く愛用してもらえるはずです。


こちらの商品は、実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。

cotogoto (コトゴト)新店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2017年12月7日木曜日

特別感漂う、漆仕上げの「ジンカップ」



鹿児島で親子3人で木工に取り組む
「アキヒロウッドワークス」から、
新作である漆仕上げの「ジンカップ」が入荷しました!



■「ジンカップ 漆 (アキヒロウッドワークス)」
左から
「M」10,000円(税抜)
「L」12,000円(税抜)
「2L」15,000円(税抜)

サイズ
「M」約W100×D70×H75mm
「L」約W100×D70×H90mm
「2L」約W110×D78×H100mm



アキヒロウッドワークスの
代表作である「ジンカップ」を
漆で仕上げた「ジンカップ 漆」。
デザインやサイズ自体は、
「ジンカップ」と全く同じです。
(写真左が「ジンカップ M」、右が「ジンカップ 漆 M」)

→「ジンカップ」について詳しくはこちら



独特のフォルムに漆が施されたことで、
重厚感が生まれています。
漆から透けて見える木の表情が味わい深く、
使い続ければ、漆ならではの経年変化も楽しめそうです。

従来の「ジンカップ」同様、とても軽いので、
アウトドアのお供にもぴったり。
アウトドア好きの方や、コーヒー好きの方へ
とっておきの贈り物にいかがでしょうか。


こちらの商品は実店舗のみでの販売になりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2017年11月24日金曜日

独特の佇まいと使いやすさ、大久保ハウス木工舎の木の道具




長野県松本市を拠点に木の生活道具を制作する
「大久保ハウス木工舎」。
2017年12月1日(金)から、
実店舗にてお取り扱いがはじまりました。
※12月8日(金)には、つくり手である大久保公太郎さんが在店します。
詳しくはブログの最後をご覧ください。


木工作家・大久保公太郎さんが、
ひとつひとつ削ってつくり出す木の道具は、
先端がブーメランのようなかたちの木べらや
すり鉢型のパン皿など、
どれも一般的なものとは違う独特な形状が特徴的。
木の自然な風合いを大切にした佇まいと、
絶妙な使いやすさから、
プロの料理家からも定評があります。


先端の独特なカーブは、
フライパンや鍋の内側の曲線にフィットするよう、
そして食材をすくったり返したりがしやすいよう
綿密に考えられたもの。
柄の部分も、使い手の声を聞きながら改良を重ねてこのかたちに。
何気なく見えるけれど、手にしたとき、
そして使って見ると、腕が無理なく動いて、
「あ!」と声を出したくなるほど使いやすいのです。

■「木のへら 桜 右利き用(大久保ハウス木工舎)」 3,050円(税抜)


大久保さんの木の道具はどれも、
木の特性を活かし、使うことを考え抜かれてつくられたものばかり。
木の吸湿作用に着目したのが、こちらの「パン皿」です。


かたちも独特。
四角い皿の四隅から中心に向かって線状に彫られ、
緩やかに中央が窪んだすり鉢状になっています。
パンを置いたとき、皿と接触する面が少なくなるので、
パンと皿との間に隙間ができ、木の吸湿効果が高まります。
焼きたてのパンも蒸れにくく、
最後までサクッとした食感が楽しめるのです。

■「パン皿 桜(大久保ハウス木工舎)」 8,300円(税抜)

からくりを聞けば「なるほど」と頷けますが、
これを思いつき、かたちにすることは容易ではありません。
さらに、大久保さんの木の道具はどれも、
カンナで表面を滑らかに仕上げているため、
細かい傷が入りにくく衛生的というのも特徴のひとつ。
暮らしに寄り添う道具なのです。



■「お玉 胡桃 小(大久保ハウス木工舎)」 6,500円(税抜)


左から、
■「杓文字 栗 大久保型(大久保ハウス木工舎)」 2,700円(税抜)
■「角サーバ 胡桃(大久保ハウス木工舎)」 6,000円(税抜)
■「取寄匙 茶 大(大久保ハウス木工舎)」 6,000円(税抜)
■「取寄匙 黒 小(大久保ハウス木工舎)」 6,000円(税抜)


■「ジャムスプーン 桜(大久保ハウス木工舎)」 1,750円(税抜)
■「楓拭漆匙 茶(大久保ハウス木工舎)」 6,000円(税抜)


■「カッティングボード 桜 中(大久保ハウス木工舎)」 7,000円(税抜)

他にも、キッチンツールやカトラリーなど
いろいろなアイテムが集まります。
どうぞお楽しみに!
手しごとでつくられているため、 かたちや大きさにはひとつひとつ個性があります。 ぜひ店頭で手に取ってお選びください。

-------------------------------
【大久保公太郎さん在店について】
12月8日(金)のお昼過ぎから17時頃まで、
つくり手である大久保公太郎さんが在店します。
制作のお話やお手入れ方法など直接伺える機会ですので、
この機に実店舗にお立ち寄りください。
-------------------------------



こちらの商品は、実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。
※商品は個体差がありますが、お選びいただくことはできません。
申し訳ございませんが、予めご了承いただいた上でお問い合わせください。

cotogoto (コトゴト)新店舗
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休



2017年11月23日木曜日

「福光焼」のうつわを買い付けてきました!



民藝の精神を受け継ぐ鳥取県の焼き物「福光焼(ふくみつやき)」。
先日、その窯元を訪れ、直接買い付けてきたうつわたちが、
11/24(金)よりcotogoto実店舗に並びます!




福光焼は、1980年に鳥取県倉吉市福光にて
河本賢治さんが開窯。
河本さんの師匠は、
民藝運動を牽引した河井寛次郎氏に師事し、
兵庫県で窯を開いていた生田和孝氏です。

そもそも民藝とは、「民衆的工芸」を略したもの。
思想家の柳宗悦氏が考えた言葉です。
柳氏はそれまで「下手物」とされてきた
民衆が日々の暮らしで使う日用品に目を向け、
美しさを見出しました。
暮らしに根ざし、実用性に優れた民衆的工芸品、
つまり「民藝品」の価値を高め、
この新たな美の基準を広めようとした動きが、
「民藝運動」と呼ばれています。




そんな民藝の影響を受ける福光窯では、
伝統的な登り窯で焼き上げています。
薪を焚いて自然の炎で焼成されたうつわたちは
灰が降りかかったり、火の当たりが様々だったり、
人の手を離れたところで生まれる美しさが見所。
うつわ一つ一つが全く違う個性を持つのが面白いのです。

昨年10月、福光焼では窯詰めを終えて
焼成をはじめようとしていたところに、
最大震度6弱の鳥取県中部地震が発生。
窯や煙突、そしてたくさんの作品が壊れてしまう被害にあいました。
そこから河本さんと息子さんの2人で窯を修復し、
今年の秋、2年ぶりに登り窯を焚くことができました。

そんな困難を経て、
記念すべき復活の登り窯で焼き上がったうつわたち。
直接手にとって選ばせていただきました。





福光焼で用いる釉薬は、
師匠である生田氏から継承する糠白、飴、鉄が基本。
かたちは、思わず触れたくなるような柔らかな丸みと、
きりりとシャープな佇まいのバランスが絶妙です。

また、どっしりとした見た目とは裏腹に、
安定感がありながらも、使いやすい薄さを持ち合わせているのも特徴。
こんなところにも、受け継がれた民藝の精神を感じます。


それでは入荷した福光焼のうつわを紹介します。



左から
■「面取飯碗 (福光焼)」アメ黒・粉引 1,800円(税抜)



■「梅鉢 中 (福光焼)」白 2,800円(税抜)



■「ソバチョコ (福光焼)」粉引 2,000円(税抜)



左から
■「切立カップ (福光焼)」黒・粉引 各2,000円(税抜)



左から
■「面取コーヒー碗・皿 (福光焼)」黒・白 3,800円(税抜)



左から
■「面取湯呑 (福光焼)」黒・粉引・白 各2,000円(税抜)



■「面取急須 (福光焼)」粉引 10,000円(税抜)



■「面取ポット 小 (福光焼)」黒 8,000円(税抜)



■「面取土瓶 (福光焼)」白 15,000円(税抜)



左から
■「面取ぐい呑 (福光焼)」白・黒 各1,500円(税抜)
■「面取徳利 (福光焼)」白・黒 各3,500円(税抜)



■「面取片口 (福光焼)」白 2,000円(税抜)



■「片口 丸 (福光焼)」白 2,000円(税抜)



■「出汁入 (福光焼)」白 3,500円(税抜)



■「ピッチャー 丸 (福光焼)」黒 4,200円(税抜)



■「面取ピッチャー (福光焼)」アメ黒 5,000円(税抜)



左から
■「ミニミルク入 (福光焼)」黒・白 300円(税抜)



左から
■「面取ミニミルク入 (福光焼)」黒・白 400円(税抜)



■「面取一輪 (福光焼)」益子黒 5,000円(税抜)



福光焼の商品は実店舗のみでの販売にはなりますが、
お電話・メールでのご注文も承っておりますので
お気軽にご連絡ください。
※商品は個体差がありますが、お選びいただくことはできません。
申し訳ございませんが、予めご了承いただいた上でお問い合わせください。

次回入荷は未定ですので、
気になるものがあればお早めのご来店、お問い合わせがおすすめです。




cotogoto (コトゴト)
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南 4-27-17 2F
Tel&Fax:03-3318-0313
Mail:info@cotogoto.jp
営業時間:11:00-20:00
無休